GIGAスクール構想とは?知っておきたい意味と実現すべき理由を解説

2020年7月15日
GIGAスクール構想とは?知っておきたい意味と実現すべき理由を解説

GIGAスクール構想とは、いったいどのような意味なのでしょうか。2020年、日本の学校教育が大きく変わろうとしており、文部科学省は学校のICT化を強く推奨していています。学校のICT環境を整備しなければならない背景には、自然や社会のあらゆる活動・情報がデータ化され、ネットワークで連携しリアルタイムに分析、実装が可能になる技術革新の進展にあります。

ここでは、GIGAスクール構想の事業概要と背景にある実現すべき理由を解説し、確実に実現するためにおすすめのサポート企業を紹介します。

「GIGAスクール構想」とは?

GIGAスクール構想とは、子ども達への1人1台端末と高速で大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、特別な支援を必要とする子どもを含め、多彩な子ども達の資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現する計画のことです。

変化の激しい社会を生きる子ども達に対して、ICTを活用し新しい教育へシフトしていくことを表しています。

GIGAとは?

GIGAとは、Global and Innovation Gateway for All を略したもので「全ての人にグローバルで革新的な入口を」という意味です。

誰1人取り残すことなく、子ども達1人1人に個別最適化され創造性を育む教育ICT環境を実現する施策であることが明示されています。

よりよい社会と、幸福な人生の創り手となるための力を育む学校教育の実現を目指す構想なのです。

【参考】「文部科学省_GIGAスクール構想の実現について」

事業概要

1人1台端末環境の実現を目指す土台として、端末整備と通信ネットワーク整備による学校ICT環境の整備調達があります。

しかし土台だけではタイヤのない車体のようなものですので、GIGAスクール構想を実現するためには「ソフト面」と「指導体制」も合わせた施策が挙げられています。

【出典】「 令和元年度補正予算(GIGAスクール構想の実現)の概要 」

校内通信ネットワークの整備事業

1人1台端末をストレスなく活用するために、高速大容量の通信ネットワークを整えることが目標です。

今後は動画教材を使う授業や遠隔授業も増えることから、より高速なネットワークが必要になり、全校生徒が同時に通信しても問題ない環境の整備が必要となるでしょう。

学習者用端末の整備事業

高速大容量の通信ネットワークを前提とした1人1台端末を整備するため、文部科学省は学習者用端末の「標準仕様書」を公開しました。

標準仕様書には、端末を選ぶ際のポイントから具体的な画面の大きさまで例示されています。しかし、あくまでモデルのため各自治体が必要なものを取捨選択し、調達仕様書を作ることが推奨されているでしょう。

ソフトウェアや通信ネットワークを複合的に考え、全てがストレスなく使えるかを見極めることが重要です。

クラウドの活用

GIGAスクール構想では学習ツールと校務のクラウド化を推進しています。

学習支援ツールやデジタルドリルだけでなく、文書作成ソフトや表計算ソフトなどもクラウド保存することで管理が楽になるでしょう。

クラウドを活用すると、子どもによる紛失や災害時の備えにもなるといったメリットがあります。

また、出欠管理や成績処理など校務の負担軽減につながり、教員の働き方改革の実現にもつながるでしょう。

セキュリティ対策ガイドライン

情報漏えいに対して備えすぎるあまり、セキュリティが強すぎて実用的でなくなる状況が出てきたことを受け、クラウド活用に向けた「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が改訂されました。

このガイドラインを踏まえクラウド活用することで、より安全・安価かつ効率的にICT環境整備を行えるとしています。

ICTの活用

新学習指導要領は、小学校では2020年度から、中学校では2021年度から全面的に実施されます。

今回の改訂で求められているのは、予測できない変化に対して主体的に向き合い関わり合って、自らの可能性を発揮できる力を育むことです。

具体的には、小学校でプログラミング教育の必修化や動画活用などがあります。

【出典】「文部科学省_GIGAスクール構想の実現パッケージ」

なぜ実現すべきなのか?

そもそも、なぜGIGAスクール構想が打ち出されたのでしょうか。

ここでは、その背景から実現すべき理由を紹介します。

Society 5.0時代を生きるために

GIGAスクール構想を説明するうえで欠かせないのが、新たな社会であるSociety 5.0です。

狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新しい社会がSociety 5.0と呼ばれます。

Society 5.0時代では、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボット等をはじめとする技術革新が一層進展するとされています。

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムによって、経済発展と社会的課題解決を両立する人間中心の社会になるでしょう。

人々の暮らし方や働き方が変わる

Society 5.0時代では幅広い産業構造が変革し、人々の働き方やライフスタイルが目まぐるしい速さで変化し続けていきます。経済の根本であるお金の在り方が大きく変わっていることも、大きな変化の一例と言えるでしょう。

例えばキャッシュレスに関して言えば、インターネットからクラウドに保存されている銀行口座などのビッグデータにつながることで実現しています。

結果的に銀行がスリム化されつつあるように、ICTの発展によって単純労働はAIなどに替わっていくでしょう。

これはつまり、職業の在り方の変革であり、人間はより創造性・協調性が必要な業務や非定型な業務を担っていくことになります。

新しい生活様式に対応するために

2020年、新型コロナウイルスの影響によって、日本全体で一斉に子ども達の学びが止まりました。前代未聞の非常時・緊急時と言っても過言ではないなかで学びを保障し、新しい生活様式に対応する手段としてICT活用が大いに役立ちます。

しかし現状は自治体によって対応に差があり、危機感がなく取り組もうとしない自治体もあるほどです。

文部科学省だけでなく、政府全体として子ども達の学びに格差が生じることに問題意識を強く持ち、GIGAスクール構想実現を加速するための支援を拡大しています。

【出典】「文部科学省_令和2年度補正予算概要説明〜GIGAスクール構想の実現〜」

ギグワークスアドバリュー「GIGAスクール対応パッケージ」

GIGAスクール構想を早急に実現するためには専門家のサポートを活用することで、確実な導入・運用が叶います。

今回は、長きにわたるIT機器や関連機器の設置設定、ネットワーク工事、コンタクトセンター業務の豊富な経験を持つギグワークスアドバリュー株式会社の「GIGAスクール対応パッケージ」を紹介します。

「GIGAスクール対応パッケージ」

ICT化をトータルサポート

GIGAスクールを実現するためには、通信ネットワークやICT教育付帯設備の構築が必要です。ところが、システムや設備を構築しただけでは活用することができません。

「GIGAスクール対応パッケージ」では、端末の設定や現場での設置、機器の使い方やソフトウェアの利用方法レクチャーまで、ICT化に必要な対応をトータル的にサポートをしてくれます。さらに、日本全国どこであっても、場所を選ばず対応してくれる点が大きな特徴です。

ICT教育のサポート

ICT教育の推進に関わる様々なサポートセンターとして、電話・チャットによるサポートがあり安心です。さらに、電話・チャットでは解決できない場合には、オペレーターが遠隔操作での対応も可能のため、解決率の向上が期待できます。

また、ICT環境やハード面の保守は、リモート・直接訪問・緊急駆けつけと柔軟に一括対応してくれるため、学校関係者は自身の業務に集中できるでしょう。

GIGAスクール構想の前倒し実施を!

Society 5.0時代を生きる子ども達の教育には「GIGAスクール構想」として、児童生徒1人1台端末と通信環境などを一体的に整備し、学校のICT環境を実現することが最重要と言えるでしょう。

また、政府は緊急時においてもICTの活用によりすべての子ども達の学びを保障できる環境を、早急に実現することを推進しています。

子ども達は義務教育を受ける権利があり、自治体による格差があってはなりません。

ICT環境を作ることが目的ではなく、子ども達が学びを広げられることを実現するため、豊富な経験と確かな実績を持つ、専門家によるサポートの活用を検討してみてはいかがでしょうか。